「いいゆめ・ゆし・きぶん。」

イラストレーター佐藤右志の脳内備忘録ブログ

一番身近な自然

(*2016年2月に書いた文章です)

自然と向き合う。
自然のなかで暮らす。

そう問われた時、大抵は、木とか森とか山とか川とか海とか、そこに暮らす野生動物とか自然環境保護だったり、都心での緑化とか家庭菜園、ナチュラルライフ的なことを思い浮かべることかと思う。

自然の中に身をおくことは気持ち良いものだけれど、都心近くに暮らしていると、よっぽど意識しなければ、そういう環境に日常的に身をおくことはなかなか難しい。

それに、”本当の自然”のなかで暮らすことは、案外そんなに容易いことではなかったりする。
思うようにいかない不便で不自由なこと、手間がかかることもきっと圧倒的に多いだろう。。
自然ってお手軽ではないのだ。

でも、よくよく考えると、実はそういう環境にわざわざ身をおかずとも、自分はすでに自然の中で自然に向き合って暮らしているよなと思うことがある。

例えば『老い』。

共に暮らす母親に日々接していると、当たり前だけれど『人間は老いるものでそれが自然なんだ』と否が応でも実感する。

だんだん耳が遠くなり、だんだん目が見えづらくなり、だんだん忘れっぽくなり、だんだん歩く足取りがおぼつかなくなり、だんだん体力が落ち、だんだん身体がちいさくなり、だんだん髪の毛が白くなり、だんだん行動範囲が狭まる。

去年は一緒に行けた旅行先が、今年も行けるとは限らない。
ほんのちょっとしたことで衰えが早まる事もあって、もう体力的に無理かもなと、だんだん”できなくなる”ことが目に見えて増えてくる。

もとに戻るとか、良くなることはないので、こちらが受け入れてあわせる意外ないのだ。

確かにその都度、状態にあわせてこまめに生活を見直さないといけないので、面倒だったり不自由に感じることもあるけれど、「まあ〜そんなものだ」といい感じに諦めてしまえば案外喜楽なものだ。

いつもつっこみどころ満載なので、母との日々の暮らしはコントしているようにすら感じる。

案外、年をとるのも悪くないのかもしれない。
それは最も自然なことだから。

広告を非表示にする

私の太陽

(*2015年7月に書いた文章です)

 

昨日は土用の丑の日でした。


確か、暑気払いとして、うなぎを食べるということだったか。


いよいよ夏本番の暑さになってきた。


白昼、ジリジリと照りつける陽射しが肌を焼き、汗がじわりと吹き出し滴り落ちる。


緑は青々と繁り、生き物の熱量が絶頂に達する真夏は、同時に死者の季節でもある。


夏はお祭りが多い。


腹に響く太鼓のリズムに合わせ、蒸し暑い闇夜に明かりを灯し、ご先祖さまたちとぐるぐると輪になって、歌いながらゆったりと踊る盆踊り。


メメントモリ

死を想え

という言葉があるが。

 

真夏は太陽の恵みを目一杯受け、生命力をみなぎらせるからこそ、その源である、死者に、先祖に、そして故郷という自分のルーツに思いを馳せてしまうものなのかもしれない。

 

私は長らく、故郷コンプレックスをもっていたように思う。


幼い頃から引っ越しが多く、住む場所を転々としてきたためだろう。


それ故か、理想の故郷に憧れ、家族の絆に拘り、人一倍それらに執着してきたようにおもう。


何処にいても、誰といても、いつも根無し草で、アウェイ感を拭えずにいたが、ここのところ、ちょっと心境が変化しつつあることにやっと気づいた。

 

「あぁ、そうか、自分がいる場所が常に故郷でそこで出会う人がみんな家族みたいなものなんだよなぁ。。」と。

 

そう気づいた時に、今まで暮らしてきた、通り過ぎた、色んな土地のすべてが故郷で、そこで出会ってきた人たちみんなが家族だったんだよなぁと、


これから行くかもしれないであろう色んな土地と出会う人たちのすべてが既に故郷で家族なんだよなと、ごく自然に思えたのだ。


きっと今までだったら、理想の故郷を求めて、いつまでも世界の最果てまで探し歩き続けていたかもしれない。そして、手に入れた故郷を手放すまいとしがみついたかもしれないし、離れた人たちとの別れをずっと悲しみ続けていたかもしれない。


でも、もうそんなことはしなくてよいのかもしれない。


以前、けだるい逆回転という記事で、「太陽が東から昇って西に沈むのではなく、地球が西から東へ左回転しているのだ」と書いた。


太陽は動いていないのだ。


太陽は微動だにせずにただそこにいて燃え続けている。地球や水星や金星や火星たちが周りをくるくる回っているだけなのだ。


それらに例えるなら、自分が太陽で、故郷が太陽の周りをくるくると左回転する地球や水星や金星や火星たちなのだ。


風景は動きつづける。
だから場所としての故郷はいつも変わり続ける。

けれど、自分自身はいつも「ここ」にいて脈打ち続ける。変わらない。


自分自身が不変のマイホーム。


そんな風に気づいたら、もう何処にいったって堂々と、我が故郷顔して、馴染んで楽しんでしまえばよいと。


そして、いつも新しい土地に行くたびに、出会うであろう人たちが、きっとやっと会える新しい家族なのだと。


故郷と家族とつながる合言葉は、やっぱり
「ありがとう」と「こんにちは」だろね。


そう思えたら、目に見えない鳥籠みたいなものからやっと解放されたように思えて、ようやく地に足がちゃんと着いたように感じた。


家族と故郷。


他人同士が作っては解体し、作っては解体していく一瞬のあったかい夢のようなもの。


当たり前のようだけど、奇蹟みたいなもの。

あらためて、ご先祖さまに感謝したくなった。


しみじみ。

広告を非表示にする

誰か故郷を想わざる/根無し草

家族 と 故郷

 

それは

 

憧れ と 懐かしさ

 

喜びであり、悲しみ

 

ゆるしであり、あきらめ

 

揺りかごであり、鳥籠

 

墓場であり、砂の城

 

血 と 精神の 記憶 と 共有であり、

 

地 と 肉体の 忘却 と 独占

 

時間 と 空間の 共同創造であり、解体

 

終わりのない

 

感情 と 理性の

 

つなひき と あやとり

 

永遠 と 一瞬の

 

ありがとう と ごめんなさい

 

さようなら と はじめまして

 


住めば故郷

 


出会えば家族

 


あなた

 

 

わたし

 


そして

 


希望

 

 


誰か

 

故郷を

 

想はざる

善玉菌と悪玉菌

ドス黒さを

ちゃんと飲み込んだ

 

ドス黒さの

そのドス黒さを

あぁ、ものすごいドス黒ーいと

認めちゃったら

なんだか少し

スッキリした

 

あるものを

ないものになんて

できないし

 

黒いものを

無理矢理

白いものに

する必要なんて

ないんだ

 

 

善玉菌と

悪玉菌

両方とも

なきゃ困るし

共生してる

お腹の中で

 

ドス黒さを

飲み込めたなら

善玉菌を増やさなきゃとか

悪玉菌を減らさなきゃとか

そういうの

だんだん

どうでもよくなってきた

 

悪玉菌は本当に悪いのかな?

善玉菌は本当に良いのかな?

 

それさえも、なにか違う気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

都々逸で女心

 私は都々逸が好きです。

粋で洒脱で大衆的だからでしょうか。

 

 

 

惚れて通えば千里も一里  逢えずに帰ればまた千里

 

諦めましたよどう諦めた 諦めきれぬと諦めた

 

お前  正宗  わしゃ錆び刀

お前切れても  わしゃ切れぬ

 

星の数ほど 男はあれど  月と見るのは ぬしばかり 

 

三千世界の鴉を殺し ぬしと朝寝がしてみたい

 

最後は高杉晋作作の都々逸 ?

ちなみに、高杉晋作は辞世の句も好きです。

 

面白き事もなき世を 面白く

すみなすものは 心なりけり

 

下の句もいれてみました。

下の句いれた解釈になるとまた違う印象になっていますね。面白く感じるかどうかは全て自分の心次第ってことでしょうか?

 

 

再び、都々逸にもどりまして、、、

 

 

添うて苦労は覚悟だけれど  添わぬ先からこの苦労

 

チョクチョク(猪口猪口)逢う夜を一つに纏めて  トックリ(徳利)話がしてみたい

 

  何をくよくよ川端柳  水の流れを見て暮らす

 

 なんか人生訓的でもありますね 笑

「諦めきれぬと諦めた」

「水の流れを見て暮らす」

共感する言葉がたくさんですね。

 

でも一番はやっぱり、「トックリ話がしてみたい」ですかね。

腹を割ってとことん話し合うこと。腹の探り合いじゃなくて、腹を割る。素直に話しあわなければ、本当に相手と自分がなにを求めているのか、なにを考えててなにを望んでいるのかもわからないし。

関係性を建設的に作っていく時のコミュニケーションの基本です。

 

 

都々逸は男女の情歌がたくさんありますが、どうしようもない人間臭さで共感するものが多いものです。

 

それにしても…

女って欲張りですね。

 

結婚して子供も欲しいけれど、夢も実現させたいとか。結婚制度や家族の在り方に縛られて、どっちかを選べばどっちかを捨てなければならないとかはもう昔の考え方なのかもしれません。

生き方も立場も多様化しています。個々人が自立さえしていれば、中には結婚せずとも子供を産み育てている女性もいたり。事実婚の人とかも。子を持つか持たないとかも。血が繋がっているかいないかとかも。パートナーシップの形もそれぞれで。色んな結婚や家族のかたちもこれからの時代はありなのかもしれません。まぁ、それも何がよくて何が悪いか簡単に言い切れない、固定概念を捨てられる心の柔軟さ次第ですが。時代が変化していけば、制度も観念も変化していくことも自然。制度が変化をしないならば、どんな風にその中で自由を勝ち取るのかは、結局は自分の心と生き方次第なのでしょう。

 

自分ももれなく欲張りだなと思います。

 

でも、それでいいんだと思っています。一度きりの人生だから。

 

女は思考よりも感情や感覚が優先しがちで、時に直感や本能まかせに突飛な行動や生き方をしてしまう事もあり混乱もしやすいですが。近視眼的にもなりやすいです。

 

そんな時は、一呼吸して一旦状況から離れて、起こるべくして起こっていることをただそのままに全部をまるごと受け入れて、流れに身を任せて、優先順位を決めて割り切って、自分の目の前のやるべき事をただ淡々とやるしかないのかもしれませんが。感覚優位な右脳派な自分は意識しなければならないところだなとしみじみ思います。ホント。

 

とほほ

 

そうは言っても割り切っても割り切れないものが生きているとあるからこそ、都々逸のようなどうしようもない心情を歌にして歌って昇華してやりすごす、生きていく時にそんなことも必要なのかもしれませんね。

 

だからこそ、人は表現しつづけていくことをやめられないわけで。

 

だから私もずっとこうして表現し続けるのでしょう。

 

ホントにね。

 

さて、締めくくりの都々逸を。

 

 

どうせ互いの身は錆び刀 切るに切られぬくされ縁

 

 

でも、どんなことがあっても最後の最後まで別れられないのが唯一自分自身。自分自身とは死ぬまで腐れ縁。自分の足で立って生きていかなければなりません。

 

しっかり自立することが大事です。

 

 

 白だ黒だとけんかはおよし 白という字も墨で書く

 

 

本当にそうだ。

白黒だけじゃないとても幅広い灰色の世界もあって。別に灰色でもいいんじゃない?って感じでしょうか。これだからどこまでいっても割り切れない 笑

 

 

 水の月 手にはとれぬと 諦めながら 濡れてみたさの 恋の欲

 

 

我慢は心身によくありません。ホント。

沸き起こる気持ちを抑えることはとても不自然でストレスです。

 

 

嘘も言えない  ほんとも言えぬ

お前が好きとしか言えぬ

 

ははは。苦しいですね。

結局、本音でしか生きていけないってことなんでしょうか。笑

例え、矛盾があったとしても。

 矛盾を抱えながら乗り越える、知恵や妥協点や割り切りや切り替えが必要ってことなんでしょうか…

 

 

あぁ、終わらない終わらない〜。

都々逸深いよ。。深すぎる!

そんなわけで一旦ここらで都々逸の世界も一括り。

 

ご静聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

鏡とボディーペインティング

(*2015年2月に書いた文章です)

 

ここ数日、やたら眠く、ぐったりしてました。。なんでかしら。。やっとブログ更新(T ^ T)

先月、NHKの「地球イチバン~世界一のナチュラルファッション」という番組をみました。

アフリカ、エチオピアのオモ谷に住むムルシ族やスルマ族の人々の”ファッション”についてのドキュメンタリーだったのですが、非常に印象的で、素敵だったので、速攻で写真集をAmazonで購入してしまいました~。

 

*『ナチュラルファッション』DU BOOKS

ムルシ族やスルマ族の人々は、日常的に赤銅色の肌に泥や灰、岩料などでボディーペインティングを施し、様々な自然素材の枝や葉っぱ、花、果物などの植物、貝殻や動物の毛皮、羽などを用いて頭などを飾り立てて暮らしているのですが、その姿がホントにすばらしくカッコよいのです!


配色も組み合わせもバランスも天才的に絶妙なんですよ、これが。なんといっても自分の裸が最高のキャンバスなんですから。そして、みんなが思い思いのファッションの表現を堂々と楽しんでいるのがまたよい。


しかも、ペインティングがものすごく素早い。ためらいなく一気に指をつかって肌に模様を描いていくのです。泥や灰がすぐ乾いてしまうからなんでしょうが、その即興技の中の偶然性、感覚の信頼感とかハンパなく凄いなと。いつも同じ決まったペインティングをするわけじゃないのですから。

しみじみ羨ましい。

特に面白いなと思ったのが、互いにボディペインティングを施しあっている点です。


そもそも鏡という概念がこの人々にはどうやらないっぽいのです。

なぜなら鏡やガラスという人工物が生活空間に存在せず、水辺でわが身を映し見ることもできないので、自分で自分の姿を見る術をもたないということになります。


自分の身体の一部は自分の目でどんな感じにペインティングできているか見ることができるけれど、自分の後ろ姿や顔、全体像などは自分で見ることができません。こんな風にペインティングしたいというイメージは他者の姿を通して養われるのでしょう。けれど、自分の姿を自分で見る術をもたないので、一番自分らしさを象徴する顔や背中は自分で描くことができないのです。

そこで、顔や背中の表現を誰かに委ねるしかないので、他者に代わりにペインティングしてもらうことになるわけですが、これがすごく大切で重要なことのように思えました。

他者が自分の代わりに自分を見つめる”鏡の役割”を果たすことに全信頼を寄せないとできないですものね。しかも肌に直接ペインティングするということは、他者との身体的接触を強烈に伴います。これは、他者に完全に心を開いていなければできないことです。そして、他者の自分への介入をゆるし委ねなければ表現は完結しないのです。一番の自分らしさは最終的には他者が決定している。


うーむ。深い。


結局は他者の存在が自分を自分たらしめている。。”自分”って本当はなんなんでしょうね?
…ぐるぐる(´-`)

しみじみ、ぐるぐるしてみました(笑)


番組の中で、言葉は通じないけれど、親愛の証にムルシ族の女の子がレポーターの日本人の女優さんの手をつないで寄り添ってくれていたのが可愛らしくほんわかしました。

ああ、素敵!

玉虫色

心、

体、

感情、

状況、

日常、

時間、

空間、

夢、

私を構成する

色んなものの

砂つぶが

水の中を

断層のように

虹色に重なりあって

入っている

私という小さな器

 

大きくてするどい匙が

断層を突き崩すように

底辺から

かき混ぜて

虹色の層は崩れて

色とりどりの砂つぶは

バラバラに

水の中

ふうわりと

舞い上がり

水の中

漂って

玉虫色に

混じり合って

浮遊しながら

段々と

再び

底辺に

玉虫色の砂つぶが

ゆっくりと

沈殿していく様を

ただ

見つめている

 

私という

小さな器の中の

水の

一番上澄みが

無色透明になるまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする