「いいゆめ・ゆし・きぶん。」

イラストレーター佐藤右志の脳内備忘録ブログ

おふとん

私の

大好きで大切な人の

大切な人を

私も

大切にできる

そんな人でありたいな

 

私の

大切な人を

私の

大好きで大切な人に

大切にしてもらえる

そんな人でありたいな

 

私は

私の大好きで大切な人の

丸ごとを

おふとんみたいに

ぽふっと

してあげたいよ

 

私の大好きな人は

私にぽふっとしてくれるかな?

 

私の大好きで大切な人は

私のまるごとを

おふとんみたいに

ぽふっと

してくれるかな?

 

私は

私の大好きで大切な人に

ぽふっとしたいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

一瞬の瞬き

 TwitterFacebookInstagram、ブログ…今の時代欠かすことのできないSNS色々。

 

老若男女、公私、喜怒哀楽、個々人が思い思い、どこに届くかもわからない、どこに届けるわけでもなく、毎瞬毎秒、つぶやき、洩らし、語り、吐き出し、何かを電波にのせて表現している。

 

改めて、SNSというのは面白いものだなとしみじみ考えていた。顔も見たことも会ったこともない、遠く離れた知らない誰かと、電波を通じて浅くも深くも良くも悪くも何かを共有し交流することができるのだから。

 

誰かが何の気なしに発した表現が、私が何の気なしに発した表現が、いつの間にか遥か彼方の知らない誰かに届いている。

 

それはまるで光の瞬きのように一瞬キラッと光って、そしてたちまち消えていくのにもかかわらず。車窓から眺める景色のようにしっかり見つめなければたちまち通り過ぎていくような速度で。

その一瞬の光を流れ星のように見つめるか、たくさん瞬く星の中の視野にほんのすこし入っただけの極く小さなただの光の1つにすぎないと見つめるかは人それぞれだけれど。どんな光を見つめ捕まえるかも人それぞれで。

 

それでも毎分毎秒、たくさんの想いが込められた”つぶやき”や”表現”がキラキラととめどなく今この瞬間にも、自分では知り得ない宇宙のようにどこまでも広がる果てのない漆黒の空間で、ぽこぽこと産み落とされては、小さく光って消えて、小さく光っては消えて行ってる。そんな力強くも儚く流動的な世界に私はいるのだなと思ったら、こうして生きていることがなんとも言えない気持ちになった。

 

ほんのすこし接触するだけの一瞬のたわいもない出会いもあれば、意図せずに、思いもよらなかった、たまたま見た言葉やメッセージ、その人との交流が深く心に響き、いつの間にかその時の自分の人生に深く影響している時もある。

 

今日、たまたまSNSを見ていて改めて、そんな”初心”を思い出すツイートを見つけたので、備忘録としてその時に思い出したことを書き残して置きたい。

 

そのツイートは、作家さんを褒めて応援して育てていくことの大切さみたいなあたたかな内容だとか、やる気をもらった嬉しかったなどといった内容。

 

それを読んだ時に、ふと思い出したことがあった。

 

今でこそ、SNSを通じて自分の作品や活動、自分が思っていることをあてもなく発信したりしながら、色んな方と交流したりすることがごく当たり前のようにできるようになった私であるけれど、よくよく振り返れば私のSNS歴はとても浅く、使い始めたのは2015年の1月末からで、それまではSNSとは一切無縁の生活を送っていた。

 

それまで頑なにSNSを使うことをしてこなかった私が、心境の変化もあり、2015年1月末から何の気なしに何もわからないままにコソコソ密やかにTwitterやらブログやらを使い始めた最初の頃、今でも忘れられないとても嬉しいことがあった。

 

ブログを始めたばかりの当初、仕事上の作家としての表現と発信の場として立ち上げたのが主な目的としつつ、お気楽にその時におもっていることやらもつらつらとりとめなく書いたりつぶやいたりもしていた。

 

本当にどこの誰が読んでくれるのかもよくわからない、何を手掛かりに私のブログに辿り着いて読んでくれているのかさえもわからないけれど、ポロポロと誰かがアクセスしてくれているのがだんだんわかってきて、電波とはなかなか面白いなと思い始めていた。

 

けれど、まだ沢山の人と繋がるわけでも交流するでも反応が返ってくるわけでもなく、ほぼ無反応の独り言状態でもあった。

 

ちょうどSNSを始めたその頃、試行錯誤を重ね10年もの年月をかけて作り続けていた作品がようやく完成形に近い表現にやっと辿り着いた手ごたえを感じていた時期でもあり、さっそくSNSを通じて誰かに見てもらえたらいいなと、まぁどうせ反応薄いだろうけれど、期待もせずにとりあえずブログに作品をアップしてみることとしたのだ。

 

後日確認すると、そのブログを見た人が初めて1人だけ、”イイね”をしていてくれていた。

 

そう、たった1人だけ(笑)

 

けれどその時の私にとっては、1000人、1万人にイイねされるくらいに、それが本当に嬉しかったのだ。

 

その作品自体を全く知らない人に見てもらうことが初めてだったし、その作品にたどり着くまでにたくさんの試行錯誤と紆余曲折があったので、たった1人だけの”イイね”がその時の私には本当に嬉しかったし、作品を描いていくうえでとても励みになったのだ。

 

もしかしたら、その時の”イイね”はその人にとっては何の気なしのものだったかもしれないし、”イイね”をしたことなどもすっかり忘れてしまったかもしれない。

 

徹底的に自分と作品に向き合い、何かを作り続けることは、作り続ける限りいつまでも終わりがなく、いつもとても孤独だなと思う。だからこそ、他者に作品表現を受け取ってもらって、やっと本当に作品が仕上がるのだといつも思っている。だから、その時は本当に嬉しかったなぁと、そのツイートをみた時、あの初めてSNSで反応が返ってきた時の気持ちをつい思い出してしまったのだ(笑)

 

あの時の、一瞬の瞬きのような触れ合いに、改めて感謝したい。

 

そして、今もこうして色んな方に陰ながら応援していただいたり交流できることにも改めて感謝したい。

 

さて、これからもコツコツ自分らしく素直に、表現し続けるべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

猫型ロボット

猫型ロボット

ポケットの中の

何処でもドアを

私に貸してくれない?

 

そしたら真っ先に

あの人のところ

ポンっと目の前に現われて

ビックリさせてあげるんだけどな

 

その時は

握りたてのおにぎりとゆで卵も

ポンっと一緒にお届けしちゃったりね

 

それで

もし

もうちょっとだけ

わがままさせてもらえるなら

 

一瞬でもいいから

あの人のこと

独り占めしたいんだけどなぁ

 

 にゃーんてね!

 

あーあ、

猫型ロボット

故障中かぁ

 

やれやれ

 

なんか他に

いい方法ないかなぁー

神様ー!

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

天国でも地獄でも

貴方は

私を

天国にも地獄にも

連れて逝ってくれる人だな

 

ずっと貴方と天国にいたいけど

貴方と遊ぶことに夢中になってしまって

あんまりにも心地がよくて

楽しくて

色んなこと忘れて

なんにもいらなくなって

堕落してしまいそうになるから

どうしようもなくなって

時々、壊してしまいたくなるよ

 

でも、

貴方がいないと急に不安になって

さみしくなって

まるで地獄みたいな気持ちにもなるよ

 

すごく弱くてヘナチョコだな!

そして、嫌になるほど不器用

 

それなのに、

寝ても醒めても

ここにいない貴方が頭の中一杯にずっと居座ってるから困ってしまっている

寝ても醒めても結局、

いつでも貴方と夢の中

 

どうしたらいいかな?

 

何したって

いつでも貴方と夢の中なら、

 

地獄じゃなくて

いっそ

天国に連れて逝ってくれないかな?

ちゃんと堕落しないようにするから

 

 

まぁ、地獄は地獄で

貴方と一緒なら

結局は楽しんじゃうだろうけどね

 

だって、

貴方となら

天国でも地獄でも

何処だってなんだって

きっと面白くしてしまうだろうから

もう仕方ないわ

 

ホント、どうしたらいいかな?

 

いないのにいるとか、

いるのにいないとか、

 

言葉がきこえても

ちゃんと返事したいのに

表現できないとか、

 

言葉を伝えても

ちゃんと直接返事がきこえないとか、

 

伝えているのに

伝わってないように思えたり、

 

伝わってるのに

それが伝えられなかったり、

 

まるでずっとかくれんぼしてるみたい

 

なんだか貴方も私も
まるでオバケみたいじゃない?

 

貴方も私も身体があって

ちゃんと地に足つけて

ここで生きてるのにね!

 

まぁそれでも、

2012年とか2013年とか

2014年とか2015年の

過去の貴方との会話じゃなくて

2017年の

たった今瞬間の

貴方の言葉が聞けることが、

ただ、嬉しくて嬉しくて

ニヤニヤして

仕方がない

そんな私は

ホントに単純で

すっかりただの女になってしまって

たまに絶望したくなるよ

 

あーあ、ホントに嫌になっちゃうな。

 

どうしてくれんのよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

私の太陽

(*2015年7月に書いた文章です)

 

昨日は土用の丑の日でした。


確か、暑気払いとして、うなぎを食べるということだったか。


いよいよ夏本番の暑さになってきた。


白昼、ジリジリと照りつける陽射しが肌を焼き、汗がじわりと吹き出し滴り落ちる。


緑は青々と繁り、生き物の熱量が絶頂に達する真夏は、同時に死者の季節でもある。


夏はお祭りが多い。


腹に響く太鼓のリズムに合わせ、蒸し暑い闇夜に明かりを灯し、ご先祖さまたちとぐるぐると輪になって、歌いながらゆったりと踊る盆踊り。


メメントモリ

死を想え

という言葉があるが。

 

真夏は太陽の恵みを目一杯受け、生命力をみなぎらせるからこそ、その源である、死者に、先祖に、そして故郷という自分のルーツに思いを馳せてしまうものなのかもしれない。

 

私は長らく、故郷コンプレックスをもっていたように思う。


幼い頃から引っ越しが多く、住む場所を転々としてきたためだろう。


それ故か、理想の故郷に憧れ、家族の絆に拘り、人一倍それらに執着してきたようにおもう。


何処にいても、誰といても、いつも根無し草で、アウェイ感を拭えずにいたが、ここのところ、ちょっと心境が変化しつつあることにやっと気づいた。

 

「あぁ、そうか、自分がいる場所が常に故郷でそこで出会う人がみんな家族みたいなものなんだよなぁ。。」と。

 

そう気づいた時に、今まで暮らしてきた、通り過ぎた、色んな土地のすべてが故郷で、そこで出会ってきた人たちみんなが家族だったんだよなぁと、


これから行くかもしれないであろう色んな土地と出会う人たちのすべてが既に故郷で家族なんだよなと、ごく自然に思えたのだ。


きっと今までだったら、理想の故郷を求めて、いつまでも世界の最果てまで探し歩き続けていたかもしれない。そして、手に入れた故郷を手放すまいとしがみついたかもしれないし、離れた人たちとの別れをずっと悲しみ続けていたかもしれない。


でも、もうそんなことはしなくてよいのかもしれない。


以前、けだるい逆回転という記事で、「太陽が東から昇って西に沈むのではなく、地球が西から東へ左回転しているのだ」と書いた。


太陽は動いていないのだ。


太陽は微動だにせずにただそこにいて燃え続けている。地球や水星や金星や火星たちが周りをくるくる回っているだけなのだ。


それらに例えるなら、自分が太陽で、故郷が太陽の周りをくるくると左回転する地球や水星や金星や火星たちなのだ。


風景は動きつづける。
だから場所としての故郷はいつも変わり続ける。

けれど、自分自身はいつも「ここ」にいて脈打ち続ける。変わらない。


自分自身が不変のマイホーム。


そんな風に気づいたら、もう何処にいったって堂々と、我が故郷顔して、馴染んで楽しんでしまえばよいと。


そして、いつも新しい土地に行くたびに、出会うであろう人たちが、きっとやっと会える新しい家族なのだと。


故郷と家族とつながる合言葉は、やっぱり
「ありがとう」と「こんにちは」だろね。


そう思えたら、目に見えない鳥籠みたいなものからやっと解放されたように思えて、ようやく地に足がちゃんと着いたように感じた。


家族と故郷。


他人同士が作っては解体し、作っては解体していく一瞬のあったかい夢のようなもの。


当たり前のようだけど、奇蹟みたいなもの。

あらためて、ご先祖さまに感謝したくなった。


しみじみ。

広告を非表示にする

偶然を遊ぶべし!

(*2016年1月に書いた文章です。)

今日は荻窪6次元さんにて、ショートショート作家の田丸雅智さん、ゲームデザイナーの浦川通さん、Daitaiさん4名の講師による『連作ショートショート講座』に参加して遊んできました~。


今講座は参加者みんなで連作にてショートショートを作るという試み。これがものっすごーーーく面白かった!


4人で1つのグループになり、4人がそれぞれ1ページずつ順番に連想ゲームのように物語を書いていき、計8ページの物語を4人で完成させるのですが、

短い時間の中、伝言ゲームのように題名と直前の人の書いたストーリーだけを手掛かりに発想して、続きを書き上げ次々に回していくので、ものすごく想像力と対応力を駆使するのです!


出来上がった物語はまさにカオス…


1人で完成させる物語とは違い、他の人が書いたストーリーから発想しなくてはいけません。しかも、自分では予想のつかなかった、思いつかなかった話になって再び自分の元に戻ってきたり!更には、それを元に最後は自分で物語にオチを作らなくてはならなくなったり。


なので、「こうでなければならない」というのは通用せず、自分が思う「こうあればいいなぁ」という通りにも必ずしもなるわけでもないわけですね(笑)


だから、自分では思いつかなかったような展開になってしまったり、ちょっとしたキッカケでみんなが共鳴し始めて、いつの間にかみんなで物語を一つの方向へとドンドン盛り上げていってしまって最後は大団円となってしまうことも。


そして、ワザと途中で誰かが不協和音を仕向けたり、見兼ねて誰かが上手く軌道修正したり、方向転換を促したり、他の可能性を提案したりと、誰しもが物語の流れを変え決める可能性を持てるのですね。


しかも、2分とか3分で読んで想像して続きを書き上げて回さなくてはいけないので、考え込んでいる時間もなく、如何にその時のファーストインスピレーションや感じた印象で即時に自分の書きたい方向性を決断し物語を作らなくてはいけないのが案外重要で。


(…以上のことは、我々の実生活にあてはまることばかりですけどね(笑))


いやはや、面白かった!


コミュニケーションの無限の可能性とそのバリエーションの豊かさみたいなものを作ったり気づいたりする練習にもなるし、実生活にも即役立つ遊びだなぁ~と思いました~。


いわゆる『セレンディピティー』的な遊びなんじゃないかなぁ~と。

 

*『セレンディピティー』

素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探している時に、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たくいうと、ふとした偶然をキッカケに幸運をつかみ取ること。 ~Wikipediaより


ついでに、セレンディピティーに必要なのは、「行動・気づき・受容」だそうです。


まず「行動」し、出会いに「気づく」。そして、出会ったものを「理解」して、最後にはそれを「受容」する。ということだそうですが。


世の中の大きな発明とか便利グッズとか文明の利器などの多くがセレンディピティーによるものだったりしますよね。


失敗によって偶然もたらされた出来事が意外な大発明・大発見につながったりとか。


いつもと違う場所にたまたま行って出会った人を通じてあれよあれよと生き方が変わったりとか。


私のSNS歴は短いですが、まさにSNSセレンディピティーを生かせる代表ツールですよね。確かに去年は食わず嫌いだったSNSを始めてから面白いようにセレンディピティーが起きたように思います(笑)


つい先日、新居に引っ越しした姉一家が、あることがキッカケで犬を飼うことになったのですが、これがよかったみたいですよ。まさにセレンディピティー。


私がウーパールーパーを飼うことになったのも、セレンディピティーで。水中生物なんて飼ったことなかったので、わからないことだらけで色々リスクはありましたが、飼い始めたらまた生活に長閑さが加わり変わりましたし。飼ってよかったですホント(^ ^)


セレンディピティーよ、
ありがとう!(笑)


セレンディピティーを活かす決め手は多分、「やって後悔するかしないか、やらなくて後悔するかしないか」という問いかけなのかもな。


私はやはり「やらないで後悔するかしないか」が基準になると思います(^ ^)


尻込みしたとしても、やらずに後悔だけは勿体なくてやですね。ならばやって失敗したほうがまだマシかなぁとも。


もちろん自分がそのセレンディピティーに気づいた時に「どう感じた」かの自分の感性に、常に敏感であるかが大事な土台になるのでしょうけれど。


だから自分の感性に反して、なんでもかんでも闇雲にやればよいというわけではないのでしょう。。


インターネットで検索エンジンをかける時に「何を」調べるのか、ハッキリと目的を打ち込むように。「何」によって引っかかるものが変わってしまいますしねぇ~。


セレンディピティーは棚ぼたではないということですなぁ。


しみじみ。。


まぁ、自分の頭で考えている理想なんてきっと、たかが知れてますし。自分の頭で想像してたなんかよりも遥かに面白い世界があるならば、是非ともそっちに行きたいなと思うので、これからも偶然をおおいに楽しみながら今年も過ごせたらいいなぁ~とおもいました。

広告を非表示にする

好きなものは好き

♪〜どんな時もどんな時も、僕が僕らしくある〜ために〜すーきーなものはすーきーとー言える気持ち抱きしめてたい♪

 

あんまり書くとじやすらっくに色々言われちゃうからここいらでやめとこ。

 

槇原さんのこの歌大好きなんだよなぁー!すーきーなものはすーきーとー言い続けるからあたし。

 

だって、好きなものは好きなんだから仕方ないじゃん。

 

嫌いになるどころか、どんどん好きになるばかりなんだもん。

 

好きに理由なんかないよ。

好きなもんは好き。以上!

 

誰がなんと言おうが知ったこっちゃないもんね。

 だって、好きなんだから。

好きなものは好き。

それが全て。

 

でも、好きだからっていつもいつも好きだよーって表現できない時もあるよ。好きだから表現しない好きだよーもあるんだよ。

 

無駄遣いしたくないからね!

 

でも、今は言っとくよ。

 

大好きだーーーーーっ!

 

よ。

 

わかったかな?

 

広告を非表示にする