「いいゆめ・ゆし・きぶん。」

イラストレーター佐藤右志の脳内備忘録ブログ

108 その1

(*2015年10月に書いた文章です)

10月8日といえばお友達のお誕生日なんですが、


彼女はいつもスカートをはいていて、のほほ~んとした、天然系ののんびりした話し方をする、ふわっと柔らかな女の子らしい人なんですが、、、


わたしったらね、あろうことか、、、


そんな可愛らしい彼女のお誕生日を、、


…どーしても、


…どーしても、


『108 =いれば=入れ歯』


としか、覚えられなくてですね、、、


(T ^ T)


…ホンットに、ごめんなさい(T ^ T)


それからというものの、彼女を見ると反射的に『入れ歯』って言葉が浮かんでしまうようになりまして、、、( ̄◇ ̄;)


終いには、入れ歯を見るたびに、彼女を思い出しまして、、、(>人<;)


あーーーっ!!(>人<;)


あたいのバカッ!!


どおしてもっと、まともな語呂合わせが思いつかなかったのかしらん、、(T ^ T)


彼女と入れ歯になんの共通点もないじゃない!


今は疎遠になってしまった彼女、


元気かしら、、、


(T ^ T)

 

 

 

『入れ歯』といえば、


亡くなった父上の『入れ歯』。


自宅看護中の生前の父上は、ごはんを美味しく食べるために、ギリギリまで訪問歯科の先生に入れ歯の調整に来て頂いたお陰もあって、


亡くなる前日まで好きなものをしっかり食べられたのですが、


(最後の晩餐が寿司と餃子でしたからねぇ。。父上らしい。。(^_^;))


亡くなって4日目、自宅に御安置していた父上のラストメイクを化粧師さんにしてもらった時に、


「入れ歯を外して、代わりに綿を詰めた方がお顔がふっくらしていいですよ~」


とのことで、その時入れ歯を外してもらったのですが、その後、うっかり棺に入れ忘れてしまいまして。。


ガーーン!!∑(゚Д゚)


し、しまった~!!


『入れ歯さん』も父上と燃え尽きる予定が!


大事な相棒の『入れ歯さん』をこの世においていってしまったじゃないか!!


あんなにギリギリまで大活躍してくれた『入れ歯さん』!


父上と一心同体だった『入れ歯さん』!!


二人はあの世とこの世に離れ離れ!!


父上、すまん!!


(T ^ T)

 

…そんなわけで今でも置いてけぼりになった父上の忘れ形見『入れ歯さん』の処分に困ってましてねぇ。。


はてさて、どおしたものか、、、
(ーー;)


なんとなくそのまま捨てるのもね、『入れ歯さん』の功績を思うと気が引けましてねぇ。。


『入れ歯さん』にとってステキな第二の人生の行き先はないかしらん。。


なかなか処分できないのは私の『執着』なのかしらん、、、


それとも、父上が
『もうちょっと食べたかったなぁ~』
っていう食への想いを『入れ歯さん』に託したのかしらん、、、


『食べる=生きる』ですからねぇ。


どちらにしても、『入れ歯』なだけに、『108=煩悩の数』ってことで。


はい。


そもそも生きること自体が、煩悩か。


ははは。

 

 

時は『食欲の秋』。


今日も煩悩のままに美味しく秋の味覚をいただきますかねぇ。。

広告を非表示にする