読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いいゆめ・ゆし・きぶん。」

イラストレーター佐藤右志の脳内備忘録ブログ

だから橋を架け続ける

最近、あらためて「コミュニケーション」について考える機会が立て続けにありました。そもそも、コミュニケーションってどーゆーことなのかって、根本的な初歩的なところをもう一回ちゃんとやっておきなさいよーって、まるで言われてるみたいな感じの出来事があったので備忘録としてちょっと書いておこうと思います。

 

コミュニケーションって、簡単にいうと、”私”と”あなた”との間でのやりとり・対話ですよね。キャッチボール。私がいて、あなたがいるから、あなたがいて、私がいるから成立する。私が一方的に発信していても、あなたが受け取らなければ成立しないし、逆に、私がなにも発信しなければ、あなたが受け取り返すこともできないわけで。どちらか一方だけでは成り立たないのがコミュニケーション。

 

そりゃそうだ(笑)

 

で、コミュニケーションをする上で、大切なことってやっぱり、双方が”素直であること”と”直接ハッキリと意思表示をすること”が大前提だよなぁと思ったわけです。

 

はい、もう一回、そりゃそうだ(笑)

 

でも案外、”素直であること”と”直接ハッキリ意思表示をすること”っていう当たり前のことができてないもので。(自分も含め)「ややこしくしたくない」「めんどくさい」という言葉で逃げてしまうことってありますよね。

 

どんな風かというと、必要以上に勝手に、①空気を読んだり、②遠慮したり、③建前だったり、④人に良く思われようとしたり、⑤都合がいいように決めつけたり、⑥周りに(相手に)合わせすぎたり、我慢したり、⑦スルーしたり(無視)、こんな手口を使います(笑)

 

…あぁ、嫌な汗が沢山でてきますね(無意識に自分もやってるかもしれないので自戒もこめ。爆)

 

波風立てずに穏便に、仲良く、平和的にってたしかに大事なのだけれど、本心に反して、「ややこしくしたくない」「めんどくさい」からって①〜⑦のことをやり続けると、本当はもっと疲れますよね。。だって本心じゃないから。

とほほ。。

 

例えば、「嫌なものは嫌だ」とか、「自分はモーレツにあなたに腹たってんだ!」とか、一見相手に対してネガティヴに思えるような意思表示をハッキリ直接することって、その時は相手に嫌われるかもしれないし、傷つけるかもしれないし、なかなか勇気がいることだけれど、時にはこれが一番傷が浅く平和的手段になることもありますよね。そうすることで誤解がとけてかえって仲直りすることだってあるかもしれない。(スッパリ引きずらなければ)

一方で、「嬉しかった」「好きです」などという相手に対してのポジティブな意思表示も、照れずに素直にすることも大事ですよね。恥ずかしいとか、言わなくたってわかるだろとか、察しろなんて表現しなかったら、それは心の中で思っていても相手に伝わらなかったら「ない」と同じことのようにも思います。

 

反応するんじゃなく、応答。

 

ネガティヴであれ、ポジティブであれ、ハッキリ素直に直接意思表示するというのは、相手に対しての愛と信頼がなければできないものね。(そもそも愛と信頼がなければ無視するだろう…どーでもよい人に対しては。愛の反対語は無関心)

 

日本では特に、「場に合わせる」とか「空気を読む」とか「察する」とかって文化的なコミュニケーションが染み付いているので、なかなか素直な気持ちをハッキリ直接伝えるコミュニケーション術を回避してしまう傾向にあるかもしれないけれど、(それが悪い訳ではないのですよ)最近、やっぱり私はエスパーじゃないし、空気には文字は書かれてないから読めないし(汗)、それがもしできるなら、人間、五感を持ってる意味ないし、文字も言葉もそもそもいらないんじゃないかって思うのであります…(^_^;)

 

だから、やっぱり、どんな時でも誰に対しても、素直な意思表示のコミュニケーションを心がけたいなぁと思ったのでありました。なんといってもそれが双方一番楽だしねぇ。

 

それから、コミュニケーションのキャッチボールが、対等じゃないパターンもありますよね。

相手を自分の思い通りにしようとして、ダブルバインドして有無を言わさなかったり、自分に都合の良いように相手をコントロールするようなやりとりは、ただの支配関係であり対等ではないから、最早、コミュニケーションとは言えなかったり。コントロールする側は、単に相手の同意を得て自尊心を保ちたいだけなのかも…それは信頼関係からは程遠く。

 

人間関係は、色々な側面があるものですねぇ…しみじみ。

 

さて、最後に、コミュニケーションについて考えた時にキョーレツに思い出したのが、昔、BL漫画好きな姉(爆)に勧められて読んだ、水城せとなさんの『窮鼠はチーズの夢を見る』と続編の『俎上の鯉は二度跳ねる』というBL漫画です。

 

えっと、雑食な姉と違い、普段BL漫画に興味ない私ですが、この作品はかなり好きです。BL漫画なので、恭一と今ケ瀬という男二人が主人公の恋愛漫画なのですが、この二人のやりとりが本当に凄いのです。もう、徹底的な痴話喧嘩(笑)弱さもカッコ悪さも愚かさも全部見せ合いながら、ぶつかりまくりながらも、ずっと互いに向き合い続けていく。

 

そして、最後の場面での恭一のセリフ

 

『 愛の言葉は難しいよ。

お前にはきっと俺の気持ちは永遠に伝わらないだろう。

隘路はお前だ。そして、俺だ。

この溝は永遠に埋まらない。

だから橋を架け続ける。濁流に流されたら、また、架け直す』

 

本当、このセリフに尽きるなぁ…と思いました。

 

家族であっても、恋人であっても、友達であっても、どんなに大切な好きな人であっても、人間は全員が1人として同じ人などいないし、違うからこそ、絶対に共有できない、埋めることのできない部分”溝”はあって。

 

無理に誰とでも共有共感なんてする必要はないし、みんなに求める必要はないけれど、1人1人みんな違うから、絶対的な溝、境界線があるからこそ、繋がりたい、橋を掛けたいって人は思うのかもしれません。そして、橋を掛け続けようと意志することは愛なのだろうなぁと。

 

例え、自己完結できたとしても、やっぱり、1人じゃつまらないものね。

 

まぁ、できればあまり喧嘩せず、穏やかな心地よい関係性が一番ではありますけど、相手に遠慮してたら、喧嘩なんてとてもじゃないけどできませんからね…喧嘩するほどなんとやらとも申しますし。雨降って地固まるとも言うし、こういうパターンもあるかもなと思う作品の一つです。ご興味ある方は、是非ともご一読おススメですよ。

 

そんな訳で、長々とコミュニケーションについてしみじみ思ったことを自戒も込めつつ書いてみました。